PS5本体を海外サイトで予約するには?メール通知や気になるゲームソフトとの互換性について解説!

PS5(PlayStation5/プレステ5)は世界各国の地域で販売される予定で、日本版だけでなく北米版・英版・仏版と複数のバージョンが販売されます。

amazon.fr(仏アマゾン)やプレイアジア(香港小売りサイト)では一時的に価格が表示されるなど、予約ページが既に準備されているのが伺えます。

これらの海外通販サイトは、もちろん僕たち日本人でもアクセスできますし、会員登録しておけば購入・予約も可能です。

ただ一点気になるのは、海外版のPS5を買ってもちゃんと動くのか?という事ではないでしょうか。

そこで今回は、PS5(プレステ5)の海外版の購入を考えている方向けに、僕たち日本人でも利用できる海外通販サイトでのPS5予約状況、リージョン、互換性について掲載します。

PS5予約サイトまとめ

海外版のPS5(プレステ5)が予約できる通販ショップ

ゲーム機を取り扱う海外の通販サイトといっても、言わずもがなピンからキリまで存在します。

本項では、PS5海外版を予約するうえで、英語が読めない日本人でも比較的簡単に注文ができ、運営歴と実績によりオススメの海外サイトを紹介します。

ソニー公式(USA) ps5 予約

ソニーといえば元は日本企業なので、国内のソニー公式サイトしかないと考える人もいるかもしれませんが、実際はUSA版のサイトも用意されており、日本版のサイト(https://www.sony.jp/)同様にSONY製品を予約注文することが可能です。

会員情報は日本版と区別されているため、USAサイトでPS5を予約注文する際には新しく会員登録をする必要があります。

SONY USA

会員登録画面

Amazonの海外版サイト(com/uk/fr等)

Amazonの海外版は、日本ユーザーが使い慣れているAmazon.co.jpとUI(ユーザーインターフェイス)が同じであるため、言語の違いはあっても操作に迷う事が少ないのと、世界18カ国に展開されていることから、在庫のある地域を見つけやすいのがメリット。

【海外のAmazonショップ例】
Amazon.com(アメリカ)
Amazon.uk(イギリス)
Amazon.fr(フランス)
Amazon.ca(カナダ)
Amazon.de(ドイツ)
Amazon.it(イタリア)
Amazon.es(スペイン)
Amazon.cn(中国)​

こちらのぺージから海外アマゾンの選択が可能

海外のアマゾンショップ全てでPS5の予約注文があるかは定かではありませんが、例えば英アマゾン仏アマゾンでは既にPS5の販売ページが用意されており、予約注文できるのは確実でしょう。

(↓国内版アマゾンのPS5予約情報↓)

BestBuy(メール通知アリ)

アメリカミネソタ州ミネアポリスに本社がある世界最大規模の家電通販ショップ「BestBuy(ベストバイ)」では、PS5予約開始時にメールで知らせてくれる通知サービスを行っています。

この機能はPS5日本版の予約開始されているかのチェック行動を促す機会にもなるので、PS5海外版を注文する予定がない方もメール登録しておくとよいでしょう。

ページ上部に設置してある「Enter your email here to be notified when the PS5」下のフォームにメールアドレスを記入し、【submit】ボタンを押すことで、PS5の予約開始時にメール通知してくれます。

購入自体は、会員登録ナシでも可能です。

BestBuy(ベストバイ)

GAME.co.uk(メール通知アリ)

イギリスの大手ゲーム通販ショップ「GAME」でもPS5予約開始に向け、メール通知サービス機能が追加されました。

ページ下部にある「Register your details below and when we find out more information, we’ll send it right to your inbox.」下のフォームにメールアドレスを記入し【submit】ボタンを押すことで、PS5予約開始時にメール通知してくれます。

GAME.co.uk

プレイアジア(Play-Asia)

香港のゲーム小売り販売ショップ「プレイアジア」は、PS5の価格(おそらく推定)を表示したことでインターネットニュースなどで取り上げられたため、目にした方もいるかもしれません。

「プレイアジア」には北米版、仏版のPS5だけでなく、日本版の予約ページも公開されています。日本国内の通販サイトで予約注文がかなわなかった方も、プレイアジアでPS5日本版の在庫が無いか一度確認するとよいでしょう。

自分で予約するのが困難な場合は個人輸入代行サイトを利用する方法も

PS5本体を海外で予約注文するのが難しい、日本語じゃないと頭が混乱するという方は、日本の方が運営する、輸入代行サービスを利用する手もあります。

個人輸入代行とは、輸入に付きまとう関税手続きや外国語での取引の弊害を全て肩代わりして行ってくれるサービスです。

個人輸入代行を行う企業又は個人サイトは沢山ありますが、以下のようなゲーム通販に特化した個人輸入代行サイトに依頼することで、比較的安い代行料金で海外版を取り寄せることができます。

海外版と日本版ソフトの互換性は?

プレイステーションは、販売される国によってリージョンが定められています。リージョンとはエリアや地域、領域を指す意味で、例えば北米版のプレステを購入しても、日本国内で販売されたDVDを再生できないなどの制限があります。

このため、プレステには日本版、北米版、仏版などを中心に、同じ型番モデルでも取り扱っている販売元の国によって、使用できる範囲が少し変わってくるのです。

ゲームソフトに関してはリージョンフリーの可能性も?

前世代機にあたるPS4、PS3の例で見ると、DVDの再生機能についてはリージョン制限があったものの、ゲームソフトに関してはリージョンフリーなため、日本版でアメリカのPSゲームソフトをプレイするといったことが可能でした。

PS5の最新情報を追わなければわかりませんが、ゲームソフトのリージョンが定められていない場合は、予約戦争で日本版のPS5が買えなかった場合に「供給が落ち着く暫くの間は海外版PS5で凌ごう」といった選択肢が増えます。

つまり、リージョンフリーなら国産のPS5ソフトを北米版や仏版のPS5でもプレイ可能ってことになります。

リージョンロックがかけられているゲームソフトもある

違う国のゲームを遊ぶ場合に注意したいのは、ゲームソフト会社によってリージョンロックがかけられている場合もあるという事。全てのゲームソフトがリージョンフリーってことではないんですね。

従って、北米版・仏版のPS5本体を購入して日本産のゲームソフトが遊べなかったり、その逆もあり得るという事は購入前に頭に入れておきたいポイントです。