次世代機「Xbox Series X」予約販売店舗と価格情報まとめ

現世代機である「Xbox One」は残念ながら、ライバルであるPS4の後塵を拝してしまっている状況ですが、そこは、世界一の企業であるマイクロソフトなので、このままという事は無いはず。

本記事では、次世代のXboxである「Xbox Series X(エックスボックス シリーズ エックス)」の予約開始に向けて、各通販ショップの予約受付状況や在庫状況、価格を更新してお知らせします。

【最新情報】
日本時間2020年7月24日1:00(アメリカ太平洋時間23日9:00)から、マイクロソフトによるデジタルイベント「Xbox Games Showcase」が開催!「Xbox Series X」の詳細な情報が開示される可能性あり。

■関連ページ
Xbox Series X 特設サイト
XBOX ツイッター

■ライバル機「PS5」の情報はこちら
PS5(プレステ5)予約受付開始サイト

「Xbox Series X」とは?

Xbox Series Xとは、マイクロソフトが提供する第9世代目の家庭用ゲーム機。

このゲーム機の魅力的なところは、前世代用に作られたゲームソフトも全てプレイ可能ということ。

それって普通の事だと感じる方がいるかもしれませんが、他の競合他社でも初代ハード専用に作られているゲームソフトを最新世代でプレイできません。

懐かしのゲームから最新のゲームまでが最新ハード1つでプレイできてしまうのです。

「Xbox Series X」は2020年末発売です。

「Xbox Series X」の予約状況と在庫価格比較表

「Xbox Series X」等のゲームハード機を取り扱う通販ショップは大手だけで20社以上あります。

XBOXシリーズは国内ではそこまで人気のあるハード機ではないので、価格にそこまで大きな差は出ない筈。ですが、折角だから各通販ショップを見比べたいですよね。

という事で、大手通販ショップでの「Xbox Series X」予約受付状況と価格を纏めました。

発売日:未定
予約開始日:未定
希望小売価格:未定
ショップ名 価格
マイクロソフト公式ストア予約開始前 (未定)
Amazon予約開始前 規定により表示不可
セブンネット(オム二7)予約開始前店頭受取可 (未定)
ゲオオンライン予約開始前店頭受取可 (未定)
ヤマダウェブコム予約開始前 (未定)
ノジマオンライン予約開始前 (未定)
ひかりTVショッピング予約開始前 (未定)
Yahoo!ショッピング予約開始前 (未定)
TSUTAYA オンライン予約開始前店頭受取可 (未定)
楽天ブックス予約開始前 (未定)
駿河屋予約開始前 (未定)
ビックカメラ.com予約開始前店頭受取可 (未定)
ソフマップ・ドットコム予約開始前 (未定)
Joshin webショップ予約開始前 (未定)
HMV&BOOKS online予約開始前 (未定)
ヨドバシ.com予約開始前店頭受取可 (未定)

情報最終確認日:2020年7月15日


《価格表示について》
価格は管理人が目視確認した時点での数字を入力しています。このため、リアルタイムの価格と異なる可能性があります。現在の値段は各通販サイトで必ずご確認ください。

「Xbox Series X」スペックについて

性能・スペック Xbox Series X Xbox ONE X
CPU※ カスタムZen 2 CPU カスタム AMD CPU
CPUコア数※ 8コア 8コア
CPUスレッド数 16スレッド 16スレッド
CPU周波数※ 3.8GHz
SMT使用時3.66GHz
2.3GHz
GPU※ カスタムRDNA 2 GPU
(Radeon RX 5700 XT相当)
Radeon RX 580
(GTX1060 相当)
GPUコンピュートユニット※ 52基 40基
GPU動作クロック※ 1825MHz 1172MHz
GPU演算能力※ 12TFLOPS 6TFLOPS
メモリ※ 16GB GDDR6 12GB GDDR5
メモリ帯域幅※ 10GB分は560GB/s
6GB分は336GB/s
326GB/s
内部ストレージ※ SSD 1TB HDD 1TB
SSD入出力転送速度※ 4.8 GB/s
2.4 GB/s(無圧縮時)
-
映像出力※ 4K HDR/4K
オーディオ※ 調査中 Dolby Atmos
Dolby TrueHD
Dolby Digital 5.1
ドライブ※ 4K UHD Blu-ray Drive 4K UHD Blu-ray Drive
後方互換/アップグレード※ Xboxシリーズ対応。
HDRを自動的に付与
Xboxシリーズ対応。

Xbox Series X SSD

「Xbox Series X」の魅力は何といってもカスタムされた超高速SSDにあります。(SSDとは読み込みや書き込みの速度が速い記憶媒体のことです。読み込みや書き込みが速いとゲームのロードが短くなるなどのメリットがあります。)

ライバル機PS5に匹敵するほどの速度に何とPS5よりも大容量の1TBのSSDです。

Xbox Series X GPU

「Xbox Series X」ではさらに、GPUの性能が(GPUとはグラフィックボードの略でこの性能が高いとゲームの画質やなめらかさが格段に良くなります。)12テラフロップスと非常に高い数値を出しています。

「12テラフロップス」がどれくらい凄いのか?というと、

・前世代機「XBOX ONE」が1.3テラフロップス
・ハイエンドモデルの「XBOX ONE X」が6テラフロップス
・「PS4」が1.84テラフロップス
・「PS4PRO」が4.2テラフロップス

これらを見比べると、如何に12テラフロップスがすごい性能かわかるでしょう。

xbox series x 互換性/下位互換

「xbox series x」には歴代xboxシリーズとの互換性があり、PS5ではPS4のソフトしかプレイできませんが、「xbox series x」ではXBOX ONEのソフトやXBOXのソフト、XBOX360のソフトもプレイすることができ、さらにそのソフトでもゲーム機の性能を生かし快適なプレイができる仕様となっています。

例えば、XBOX360の名作ソフトであるブルードラゴンをプレイしたりできるということ。

このハイスペックなゲーム機で、昔のソフトをどの程度快適にプレイできるのか?試すだけでも楽しそうです。

Xbox Series X コントローラー

新型Xboxワイヤレスコントローラーでは、平均的な8才の子どもの手のサイズに最適化することによって、年配プレイヤーの操作性を向上させるようになるとか。

また、十字キーであるDパットは、感度性を高め、最小限の指の動きで反応することにより操作性が増すように改善されています。

Xbox Series X コントローラー 互換性

今回のxbox series x専用コントローラーはワイヤレス式ですが、Xbox OneやWindows10との互換性を持っています。

xboxのコントローラー自体は良い物だと思います。世代を重ねるごとにブラッシュアップしてきてますしね。

ただ、どうしてもこのシリーズ、サポートがイマイチと思う時がっ!

コントローラーボタンを押しても反応しない時がある初期不良が発生するのは、ある程度致し方無いのかなと思うことがあるのですが、そのフォローも今回の「Xbox Series X」ではしっかりして欲しい部分。

マイクロソフトという海外の製品と云えど、商品のサポート対応が遅いと日本のXBOXユーザーの底上げを図るのはむづかしいし、頑張ってほしいところです。

「Xbox Series X」発売予定タイトル

「アサシン クリード ヴァルハラ」
「Vampire: The Masquerade – Bloodlines 2」
「DiRT 5」
「Madden NFL 21」
「龍が如く7」
「Bright Memory Infinite」
「Call of the Sea Reveal」
「CHORUS Announce」
「SCARLET NEXUS Announcement」
「Scorn」
「Second Extinction」
「The Ascent」

まとめ

Xbox Series Xはゲーミングパソコンのような高性能、冷却性能のアピールをしており、かなりコアなゲームファンに向けた製品になりそうです。

12TFLOPS、4K、120FPS、1TB SDDと聞いただけでドキドキするような数字が並んでいます。

また、この数字だけではなく熱対策や静穏性等、全面的な構造の再設計を行っているのも、マイクロソフトの本気を感じることが出来ます。

4K UHD Blu-Ray DriveとSSDを搭載していますが、初代XBOXからのXBOXシリーズのゲームが遊べるというのも、かなり大きなトピックではないかと思います。

ただし初期のオンラインゲームなどはもう楽しめないでしょう。

コントローラーが現行のXBOX oneのバージョンアップにとどまるようで、革新的な機能があるのか今のところ不明ですが、他メーカーに追いつくにはコントローラーの機能ではとも思います。

ライバルであるPSと競うことによって、より良いゲーム機になることを1人のゲーマーとして望んでいます。